EC Manager

FOR QUEST

ホーム > FAQ


FAQ

ショップごとに商品データを作るのが大変!

Q. 内容はほとんど同じなのにショップごとに項目の順番など並べ替えて作らなければなりません。点数が多いとわけがわからなくなるので困っています。
A. EC Managerなら、最初に基本データを登録してしまえば、後はボタンを押すだけで各ショップ用の商品データが出来てしまいます。ショップによって、出品のON、OFFやショップごとの価格の変更なども簡単に行えます。

商品在庫をそれぞれのショップに振り分けるのが大変!

Q. 入荷してきた商品を各ショップごとに振り分けたり、Aショップで売り切れでもBショップにまだ在庫があったり、それを変更してAショップに移したり…。商品が多いとわけがわからなくなります。
A. EC managerなら入荷してきた商品在庫数を各ショップにそのまま入力。10個入荷したら、各ショップそれぞれ10個。Aショップで一つ売れたら、自動的にBショップの在庫も減らします。商品数が多くても各ショップの在庫を減らしたり、追加したりの面倒な作業がなくなり、各ショップでの販売機会の損失も防ぎます。

ショップの受注処理をいちいちショップ管理画面で作業するのが面倒くさい!

Q. 受注メールが来るたびに管理画面へ行って作業しなくてはいけません。特に返品やキャンセルの時はどれがどれだかわからなくなります。
A. EC Managerならそれぞれのショップで商品が売れたら、自動的に受注管理に取り込んできます。一つの管理画面でAショップ、Bショップのボタンを押すだけで、受注状況がわかります。同梱処理も簡単に行え、出荷までのステータスも変更できるので、漏れがなくなります。キャンセル処理も一つの画面で行えるので簡単。その時に在庫も戻ります。各ショップの売上や、販売商品も集計できるので、トータル売上げ集計も行えます。

ショップの在庫と倉庫の在庫が合わなくて大変!

Q. ショップは受注管理、倉庫は出荷管理で二つのシステムで管理してるから、それぞれが間違えてもすぐにはわからず、後になって「何で合わないの」と、在庫がなかったり残ってしまったりで大変です。
A. EC managerなら一つのシステムを受注側と倉庫側から見るので狂いません。受注側は商品が売れた時、倉庫側は出荷して出荷完了作業を行なった時に在庫が減ります。受注〜出荷までのステータスで追いかけているので、出荷完了しなければ、リストに残り、すぐに解ります。たとえ狂ったとしてもログの履歴によって原因を判明することも可能です。また、送り状や、各ショップごとの納品書データも出力できるので、余計な手間が省けます。

トップに戻る


Copyright Win Peace Co., Ltd. All rights reserved.